金融投資で低リスクで資産を増やすには

金融商品には様々な商品がある。
代表的な金融商品として、株の購入、FXの利用、不動産投資、バイナリーオプション、投資信託などが挙げられる。


金融商品の購入目的は、基本的には資産の増大である。

しかし上記に記載した金融商品を購入し、資産を増大するには資産が減少してしまうというリスクも伴っている。

従って金融商品の購入の初心者はリスクが低い金融商品の購入をお奨めする。

株の購入やFXの利用は、大きな資産増大を期待できるが、資産がゼロになってしまうリスクも高い。また購入できる最小金額が比較的高めであるため、初心者は手を出しにくいと思われる。


不動産投資も同様に部屋の空き率が高い場合のリスクを考慮すると、手を出すのに勇気が必要となる。そしてバイナリーオプションは、商品によっては一瞬で購入金額を倍増することが可能である反面、一瞬で購入金額をゼロにするというリスクがある。
また今後は行政の指導が入る可能性もあり、手を出しにくい金融商品になりつつある。

では、最もお奨めの金融商品は何であろうか。



今年、最も指示を集めたSBI証券の情報サイトへお越しください。それは、投資信託であると考えられる。

投資のプロがお客様から預かった資金を利用してさまざまな株や国債を購入して運用し、運用した結果得られた利益をお客様に分配するという商品である。



分配方法としてお奨めなのは、毎月分配金が還元される方式のものである。

投資信託で購入する商品によっては、毎月分配金が還元され、年間に購入金額の25パーセントも還元されるケースもある。

そのような場合、購入した投資信託商品を4年間保有していれば、例え購入した投資信託商品の資産価値がゼロになっても、資産の目減りは発生しないためリスクは低いと言える。
そして4年を経過した以降は、毎月還元される分配金が確実に資産の増大に繋がるのである。

そして基本的には1万円から購入できるため、初心者の心理的負担を軽減することができる。以上より、興味のある者は投資信託を購入すると良い。