小学生のころ乱視で矯正メガネをかけていました

###Site Name###

実は私は小学2年生のころから中学2年生のころまで乱視でメガネをかけておりました。
でも、30代となった今はメガネをかけておらず、裸眼で十分見えるのです。私は乱視でメガネをかけていたころ、そのかけていたメガネは矯正メガネだったのです。

だけど、私がかけていたころのメガネは今のように軽くはなく、かなり重たくて、よく耳が重さに耐え切れずに痛くなることがありました。それでも乱視を治したくて、あまりに痛くならない限りは何とかメガネをかけて、学校の授業に参加しておりました。



今のように軽いメガネが販売されているのは正直うらやましく感じております。私がメガネをかけていたころでも、そのように軽いメガネだったら耳が痛く感じることは少なかっただろうなと思います。でも、重たくても耐えて矯正メガネをかけ続けた結果、乱視が治り、今は裸眼で歩けるようになったので、重たくてもメガネをかけていて良かったと本当に思います。




あと、今のメガネでもう1つ、うらやましいことは、めがねの値段が安くなっているということです。
私が購入していた矯正メガネは6万円位していたと思いますが、今のメガネは本当に安くて買いやすいと思います。
軽くてしかも買いやすい今のメガネは、おしゃれにも使えますし、本当に良くなったなと思います。

私がメガネをかけていたころは、おしゃれでメガネをかけることは考えられませんでしたから、本当に時代でメガネの考え方も変わってきたと思います。

だから、乱視や近視などで目が悪くなっても、今販売されているメガネは格好良いものがそろっているかと思いますので、かけていても恥ずかしく感じることはないとおもいます。



私が小学生のころは、メガネをかけることが珍しいというわけではなかったのですが、かける人が少なかったため、ものめずらしく見られていて恥ずかしく感じたことはあったのです。



今ですと逆に格好良く感じられたりするかもしれません。
でも、だからといって、また乱視になりたいとは思いません。